トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての法人で関係がある役員の給与に関する規定です。 税務調査


節税ができます

  1. 不動産所得で経費になるのは
  2. 減価償却費と固定資産税などの租税公課保険料などですが、
  3. 通常個人所得が500万円以上になれば法人の方がいろいろな節税対策ができます
  4. 代表者個人の給与所得控除の利用、
  5. 経営に参画している、ご家族への役員報酬の支払い
  6. 倒産防止共済、小規模企業共済等、
  7. 積立金でも損金や控除できる、
  8. 損しない、持ち出しのないお金の貯まる節税対策を、実施します。




数百社の企業経営者、
相続税に関わってきた、
税理士・行政書士が
親身に対応致します。